レンタルサーバー「wkey.me」へWordPressをインストールしてみた。

まず、2014/08/30のこちらの投稿をご確認ください

「wkey.meサービス終了について今朝知った」

—————————-

以前から気にはなってたレンタルサーバー「wkey.me」。
先人のヒントを頼りに、WordPressインストールまでやってみました。
作業記録です。


■wkey.meへアクセス
→ https://wkey.me/index.php

■wkey.meへ新規登録
→ 上部メニュー「LOGIN」から「会員登録」。以下を入力。

  • ユーザー名
  • ディスプレイネーム
  • パスワード
  • メールアドレス

→ 送付されるメールアドレス記載のリンクからアカウントを有効化。

■サーバー登録
→ ログイン後のメニューから「サーバー登録」を選択。
→ 登録したがメールがこない。
→ ログイン後のメニューから「パネルパスワードリセット」を選択。
  IDとパスワードが表示された。

■コントロールパネルへのログイン、パスワード再設定
→ アカウントホームに「コントロールパネル」が追加されているので、ここからログイン。
  クリックすると「ISPConfig」のページが開く。
→ 前項「パネルパスワードリセット」で表示されたID,パスでログイン。
→ ISPConfigメニューの「Tools」から、パスワードを再設定する。
→ 再設定したパスワードでログインできるか試す。ISPConfigメニュー画面右上のLOGOUTからログアウトする。
→ ISPConfigメニューのログイン画面に戻った。ID,再設定パスでログインできた。

■ウェブサイトを追加
→ ISPConfigメニューの「Sites」を選択。
→ ウェブサイトを追加する を選択。
→ WebDmainの詳細設定へ

<詳細設定:WebDomain>
◆「ウェブサイト」タブ 設定項目
IPアドレス : デフォルト(*.)
IPv6-Address : デフォルト(空欄)
ドメイン : 任意の文字列.wkeya.com
ディスクの容量 : 2000MB (上限)
トラフィックの許容量 : デフォルト(-1MB)
CGI : デフォルト(チェック無し)
SSI : デフォルト(チェック無し)
Ruby : デフォルト(チェック無し)
Python : デフォルト(チェック無し)
SuEXEC : デフォルト(チェック)
独自のエラーページを使う : デフォルト(チェック)
自動サブドメイン : None
SSL : デフォルト(チェック無し)
PHP : デフォルト(Fast-CGI)
有効 : デフォルト(チェック)
→ 入力後、保存。他のタブはデフォルトのまま。

■データベースを追加
→ ISPConfigメニュー「Sites」→サブメニュー「データベース」を選択。
→ 「データベースを追加する」を選択
→ データベースの詳細設定へ

<詳細設定:データベース>
◆「データベース」タブ 設定項目
Type : デフォルト(MySQL)
Database name : 任意名を入力
Database user : 任意名を入力
Database password : 任意パスワードを入力
Database charset : UTF-8
Remote Access : デフォルト(チェック無し)
Remote Access IPs (separate by , and leave blank for any) : デフォルト(空欄)
Active : デフォルト(チェック)
→ 入力後、保存。

■FTPユーザーを追加
→ ISPConfigメニュー「Sites」→サブメニュー「FTP」を選択。
→ 「FTPユーザーを追加する」を選択
→ 詳細設定へ

<詳細設定:FTP User>
◆「FTP User」タブ 設定項目
ウェブサイト : デフォルト(作成したドメインが入ってる)
ユーザー名 : 「コントロールパネルID」+ 任意名
パスワード : 任意パスワードを入力
ディスクの容量 : デフォルト(-1MB)
有効 : デフォルト(チェック)
→ 入力後、保存。他のタブはデフォルトのまま。

■FTPソフトで接続してみる
→ 作成したFTP Userの内容で接続。
→ 「web」ディレクトリのindex.htmlファイルが、
  この段階で作成したドメインにアクセスしたとき表示されるファイル。

■WordPressファイルをアップロードする
→ 「wordpress」ディレクトリを作成して、FTPソフトでWordPressファイルをアップロード。
  ★現行最新版の WordPress 3.5.2 を使用してみる。

■WordPressをインストールする
→ http://自分が設定した任意文字列.wkeya.com/wordpress/ へアクセス。
→ 詳細手順は省く。いつも通りである。
→ インストールできた!

■設定したドメインにアクセスしたときにサイトが表示されるようにする
→ WordPressのダッシュボードへログイン。
  (http://自分が設定した任意文字列.wkeya.com/wordpress/wp-login.php)
→ WordPressのダッシュボードの「設定」→「一般」→「サイトアドレス (URL)」を
  ISPConfigのSitesで設定したドメイン「http://自分が設定した任意文字列.wkeya.com」にする。
 (デフォルトから /wordpress/ を削除する)
→ FTPソフトで「/web/wordpress」直下の「index.php」を「/web」直下へコピー。
→ 「/web」直下の「index.html」を削除する。
→ 「/web」直下にコピーした「index.php」は、下記に記述を変更する。

[crayon]
■おしまい
以上、「レンタルサーバー「wkey.me」へWordPressをインストールしてみた。」でした。

ちなみに使用領域はココまでの作業で17.2MBほどになってました。
プラグインとかの動作確認の記録も別途残そうかなと思います。
それではまた。


<こちらを利用、拝見致しました> m(__)m
■レンタルサーバー wkey.me
■Will feel Tips さま の記事「無料で広告無し!WordPressも設置できるレンタルサーバー『wkey.me』」
■WordPress Codex 日本語版「WordPress を専用ディレクトリに配置する」


投稿者:

sejiijes

SEとWEBとデザインと事務処理に戯れる田舎会社員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。