Linuxってなんやねん(3)

■Puppy Linux と Ubuntu のさわり

Puppy Linux

  • 超軽量 ◎
  • 古いPC使ってインストールしてみるならコレ

Ubuntu

  • 操作性 ◎
  • Puppy Linuxでちょっと慣れたらこちらも

慣れてきたら

  • 他のディストリビューションにもチャレンジ

■Puppy Linuxって?

概要

  • オーストラリアのバリーさんが開発。2003年公開。
  • 無償
  • 子犬がマスコット (∪・ω・∪)<bowwow
  • 日本語版もある
  • 手軽で、Linux初心者の入門用としておすすめ
  • メモリは256M程がおすすめ
    (64Mでもなんとか動く…けど動画とか見たいならキツい)
  • メモリ512M以上あるならUbuntuにしときましょう

特徴

  • 他のディストリビューションに比べ超軽い
    → 低スペックPCでもいける
  • LiveCD提供されてるので、CD-ROMからでも起動できる
    → ハードディスクにインストールしなくても、使用可能
    → 個人設定を保存したいなら、ハードディスクにインストールしてね

入手法

  • 日本語版のWebサイトから「ISOイメージファイル」をダウンロード
    ※ ISOイメージファイル : 起動用コードなどデータ全部を一つのファイルにしたもの。

LiveCDとしての使い方

  • ダウンロードしたISOファイルをCD-Rに焼く
    ※ データのコピーじゃなくて、ちゃんとライティングソフトウェアで書き込む
  • 焼いたCD-ROMからOSを起動する

詳しく教えてくれ

  • 入手、準備、起動方法は Puppy Linux 日本語版サイト から。

http://openlab.ring.gr.jp/puppylinux/

■Ubuntuって?

概要

  • 読み方はウブントゥ
    → 元々はアフリカの言葉。「他者への思いやり」
  • 無償
  • メモリは512M以上がおすすめ

特徴

  • 半年ごとに最新版に無償でアップグレードできる。
  • 無償セキュリティアップデートが3年間ある(デスクトップ)
  • ノートPC、デスクトップPC、サーバー用途で利用できる。
    ※ サーバー用途の場合、ダウンロードファイルが別なので注意。
  • 面倒な初期設定が全て済んでいる
  • 無償で使えるアプリケーションが数多く含まれている
  • フリーソフトウェアライブラリが充実していて、簡単にインストールできる

入手法

  • Webサイトから「ISOイメージファイル」をダウンロード

LiveCDとしての使い方

  • ダウンロードしたISOファイルをCD-Rに焼く
  • 焼いたCD-ROMからOSを起動する

詳しく教えてくれ

  • 入手、準備、起動方法は Ubuntu 日本語版サイト から。

http://www.ubuntulinux.jp/

(次回に続く)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。