リニューアルにあたり導入したWordPressプラグイン

リニューアルにあたり導入してみた、WordPressプラグイン。15個。

インストール・有効化と細かい設定込みで2時間くらい。

<運用・管理>
■BackWPup
*インストール・有効化すると、サイトのデータをまるごとバックアップできる。
 有効化後、バックアップ対象と保存先を指定するなどの設定が必要。
 私は先人に倣って手動でDropboxへバックアップしています。

■Maintenance Mode
*インストール・有効化すると、更新作業中にアクセスしてきた訪問者をメンテナンス中を伝えるページへ誘導する。
 簡単な設定が必要。(表示メッセージ内容など)

■Broken Link Checker
*インストール・有効化すると、サイト内のリンク切れをチェックできる。
 任意でチェックの周期やチェック対象を設定できます。

■Count Per Day
*インストール・有効化すると、閲覧者・訪問者情報の統計が可能になる。

■Post List Generator
*インストール・有効化すると、投稿/個別ページ/投稿・個別ページの公開/更新日順のリストが作成できる。

■ShowID for Post/Page/Category/Tag/Comment
*インストール・有効化すると、管理画面で固定ページや投稿のIDが表示されるようになる。

■WP Total Hacks
*インストール・有効化すると、20項目近くの追加設定が可能。
 私はWordPressのバージョン情報削除と、リビジョンコントロールのみを設定。

■Jetpack by WordPress.com
*インストール・有効化すると、WordPress.comで利用できる設定を使用可能になる。
 私は2つの項目を主に使用しています。
・WordPress.com 統計情報設定
・追加ウィジェット
 デフォルトから追加で有効化はしていません。

<UI>
■Easy FancyBox
*インストール・有効化すると、サイト内の画像・動画をLightBox風のウィンドウで表示可能になる。
 細かな設定は不要。

<エディタ支援>
■Preserve Editor Scroll Position
*インストール・有効化すると、投稿や固定ページを編集中、更新を押した際にエディット枠内が先頭行まで戻るのを防いでくれる。
 実際の画面を見ながら更新作業をするとき、地味に便利。
 細かな設定は不要。

■Crayon Syntax Highlighter
*インストール・有効化すると、記事内にコードを記述・表示可能になる。
 頻繁に書く機会がないなら、インストールは不要。
 設定内容はまた機会を見つけて書きます。ひとまずはデフォルトかな。

<SEO対策> ※SEO対策:検索結果画面で、自社サイトが上位表示されるために行う様々な対策のこと
■Google XML Sitemap
*インストール・有効化すると、サイトマップを生成してくれる。
 有効化したらgoogleのウェブマスター(https://www.google.com/webmasters/tools/)で
   自分のサイトを追加する。

   追加後の設定が よ く わ か ら な い (´・ω・`)
 あとでちゃんと方法確認します…

<スパム対策>
■Akismet
*デフォルトでインストール済。有効化するとスパムコメントを防いでくれる。
   有効化の際はAkismetAPIKey取得のために簡単な認証作業が必要。

■SI CAPTCHA Anti-Spam
*インストール・有効化すると、コメント投稿の際に画像認証を必要とする。
 意味のないコメント投稿の抑止に。
 細かな設定は不要。

<セキュリティ>
■Secure WordPress
*インストール・有効化すると、WordPressの基本的なセキュリティを施す。

投稿者:

sejiijes

SEとWEBとデザインと事務処理に戯れる田舎会社員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。