メモ書き(ウェブサイト制作, WordPress, jQuery ほか)/2013.07.11

いつものようにGoogle先生とタッグ組んで回遊しながら勉強。
メモったことをそのまんま投稿します。(手抜 (°ω°;

☆マークは、
もちょっと知りたいなー さわりたいなー
って思ったものにつけてます。でもあんまり深く考えてないかも。。。

それではどうぞ。    やたら多いよ!(°ω°


<ウェブサイト制作時>
■初期費用
■ランニングコスト
■修正費用
■納期
■必要サポート


<制作前にしておくこと>
■ドメイン名は?
■サーバーどこにする?
■ライバルサイトの調査、自社掲載内容へ反映
 ※コーポレート
 (ページ構成、メニュー、掲載情報など参考に)
■セールスポイントは?
■ターゲットは?
———————
■必要なページをリストアップ
■使用したい素材があれば準備(フリー等)
■スマホ・携帯対応はする?


<考慮しておきたいこと>
■SEO
■セキュリティ対策
■デザイン
■ユーザー導線の確保
■アフターサポートはどこまで?
■運用の有無
■SNS連携する?
■アクセス解析
■高速化方法


<知識>
■カスタム投稿タイプ
 → 「投稿」という機能を分割できる
   料理の投稿、書籍の投稿、映画の投稿…など自分好みに分類ができ、
   WordPressをよりCMSに近い状態にすることができる
   こちらを拝見:http://kachibito.net/wordpress/custom-post-type-list.html

  ※関連プラグイン
・Custom Post Type UI
こちらを拝見:http://www.webcyou.com/?p=2183

■カスタム分類(カスタムタクソノミー)
 → カスタム投稿タイプ内につくるカテゴリー
   例:「本の紹介」投稿内の「本のジャンル」カテゴリ”スポーツ”,”社会”,”IT”…
   図解が凄まじくわかりやすかった神のようなページはこちら:
   http://c-brains.jp/blog/wsg/13/06/18-182559.php

■カスタムフィールド
 → 投稿記事データに「独自の情報」を持たせる
   「本の紹介」の例でいうと、書籍それぞれの「著者」や「出版社」、「価格」などの情報を持たせたい場合に
   カスタムフィールドを使う。投稿フローの簡素化や動的な出力をしたい場合などによく用いられる。
   うーん なんとなく理解…。

■ミニマルデザイン
 → あまり使用しない機能のせいでシステムが肥大化することを避け、必要最小限の機能に絞って設計すること

■SEO
 → 検索上位に表示されるよう工夫すること

■facebook OGP
 → 事項


<Tips/慣例>
■ ttp://www.facebook.com/2008/fbml ってなんぞ
 → OGP(Open Graph Protocol)設定というらしい。
   facebookのウォール投稿時の外観に関係してるみたい。華やかになる?
   HTML5ではこのOGPの設定、htmlのhead内の記述の仕方が違ってるそうな。

■同じ効果なら、WPプラグイン/jQueryプラグイン/スクリプトで直接書いちゃう どれがよいの?
 → ケースバイケース。
   WPプラグイン:WP自体のチューニングでも変わる。例えばツイート表示ではPHP取得の場合
          ページ取得が遅くなる。この場合、ページは先に表示させといてjSで取得した方が体感は早くなる。

 → jQuery自分で書くか?プラグイン書くかは…
   自分で書く方が動作が早い場合:効率の良い書き方をしているとき
   読み込むファイル数が増えるかどうかも導入の基準。

■モバイルファースト
 → モバイルベースでまずは考えようね


<WP Plugin>
■AddQuicktag ☆
 → エディタのタグを編集追加できる

■Google Analytics for WordPress ☆
 → 簡単にGoogle Analyticsを導入できる

■Google XML Sitemap ☆
 → 検索エンジンに更新情報を送信するためのサイトマップを、自動で作成してくれる

■Dagon Design Sitemap Generator
 → サイトマップを自動で表示
   Google XML Sitemapでは表示されないという不具合がたまに生じる…らしい
   WordPressで検索しても出てこないので、FTPで直接インストール・有効化。
   こちらを拝見:http://saizou01.com/dagon-design-sitemap-generator-8928

■Login LockDown
 → ログインに制限をかける

■All in One SEO Pack
 → 記事や個別ページ毎に個別にタイトル、METAディスクリプション、METAキーワードの設置等が可能
   シンプルなブログはこちらがよいらしい
   機能がシンプルで設定が簡単

■WordPress SEO by Yoast
 → 記事や個別ページ毎に個別にタイトル、METAディスクリプション、METAキーワードの設置等が可能
   All in one SEO より設定可能範囲が広く詳細な設定ができる(2012.4時点)
     ※ カスタム投稿、タクソノミー
   All in one SEO からの乗換は簡単

■WP-DBManager ☆
 → WordPressで使用するデータベースを簡単にバックアップしてくれる
   こちらを拝見:http://wp-exp.com/blog/wp-dbmanager/

■WP-comment-master ☆
 → 画面遷移無しでコメント投稿ができる
   (コメントを送信した際、画面遷移せずに結果が反映・表示される)

■Dynamic To Top Plugin
 → トップへ戻るボタンを設置できる
   表示場所、ボタン色、サイズ、戻る時の動き方まで設定可能

■PS Disable Auto Formatting
 → 連続改行等のWordPressが行う自動整形を停止できる

■TinyMCE Advanced
 → ビジュアルエディタを高機能にする

■RSS Import
 → ページ内にフィードを表示できる
   用例:別ブログのフィードを読み込んでリンク表示 など

■WOW Slider
 → スライドショー
   先日使用してみた。わかりやすく使いやすく手軽。(私見
   http://sejiijes.minibird.jp/testuse_wowslider/

■PS Auto Sitemap
 → サイトマップを自動表示させる
   検索エンジン向けの『サイトマップ』ではない
   日本語対応

■WordPress Download Manager
 → サイト訪問者がファイルをダウンロードできるようになる

■Breadcrumb NavXT
 → WordPressの投稿と固定ページにパンくずリストを表示できる

■WP Hyper Response ☆
 → WordPressのレスポンスを向上させる
   管理画面も含む。

■Adminer
 → データの整理

■Analystics 360
 → Google Analytics をダッシュボードから確認
   こちらを拝見:http://hakkutsu-indy.biz/archives/1607252.html

■sharebar ☆
 → 記事横を追いかけるshare用のボックス
   こちらを拝見:http://iao.wktktravel.com/201211/sharebar_plugin.html

■WP-PageNavi ☆
 → ページネーションを設置

■WP-PageNavi style ☆
 → WP-PageNaviのスタイルを変更 

■WP Social Bookmarking Light ☆
 → SNSのボタンを設置
   選ぶだけ。種類が多く、このプラグインで表示を一元管理できる
   こちらを拝見:http://netaone.com/wp/wp-social-bookmarking-light/

■WordPress Popular Posts Plugin
 → 人気記事ランキングを日間・週間・月間等で設定表示できる
   サムネイルを入れたり設定にも幅あり

■Disable Revisions and Autosave
 → 自動保存、リビジョンを無効にする

■Yet another Related Posts Plugin (YARPP)
 → 関連記事を表示させる サムネイルも

■Auto Post Thumbnail
 → WordPressのアイキャッチ画像を一括登録する
   記事内の一番上にある画像を自動的に取得しアイキャッチにできる。
   YARPP利用時の画像設定などにも。

■Ultimate Tag Cloud Widget ☆
 → タグクラウドの設定ができる
   Configurable Tag Cloudと、どっちがいいのかな

■WPtap
 → iPhoneやiPadに自動対応させる

■WP-Syntax
 → コーディング表記用
   ドラッグしても行数まで選択しない


<jQueryプラグイン>
■Skitter
 → スライダー
   30種類強のエフェクトがある。イカす。

■bxslider
 → スライダー
   極めてシンプル。スライダー関係では個人的に一番好きかも。

■Smooth Scroll
 → ページ内リンクをするする移動
   いろんなところのソースでみる気がする。一番ベーシックなのかな?
   設定法を拝見:http://web-pc.net/jquery002
   イージング参考:http://jqueryui.com/effect/#easing

■fade.rollover
 → class設定だけで、ロールオーバー時に画像がフェードで切り替わる
   とあるWEB制作会社さんのページソース内で使用されてたもの。
   気になった。
   
■jquery.easing.js
 → jQueryのエフェクト動作を加速/減速させるためのプラグイン、「jQuery Easing Plugin」
   とあるWEB制作会社さんのページソース内で使用されてたもの。
   気になった。
   解説はOZPAの表4さんを拝見しました。
   http://ozpa-h4.com/2012/12/11/jquery-easing-plugin-effect-pattern/   

■elementTransitions
 → 66種類の切替効果

■jquerycsvtotable
 → CSVファイル読み込んでHTMLテーブル作る

■Intro.js
 → そのサイトのチュートリアルが作れる


<ほか>
■SocialCont
 → facebook,Twitter,Google+のボタン
   CSS3ベース。シンプル。超好きかもしれない。恋?


気力があったら個別記事に仕立て直します… ⊂(-ω-⊂

投稿者:

sejiijes

SEとWEBとデザインと事務処理に戯れる田舎会社員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。