C言語復習のために統合開発環境としてVisualStudio2015をインストール、コンパイルから実行までやってみたときの作業記録

表題の通り。
C言語を復習するために自分のPCに統合開発環境を用意する必要があったので、
VisualStudio2015をインストール、コンパイルから実行までやってみたときの作業記録です。
(ちゃんと出来たよ)

プログラミングは大学以来やってなくて、
当時は学校の既設環境の中でかつ決まりきった手法とパターンで
与えられた課題しかしてなかったので、環境用意とかなんやそれって感じの中手探りで進めました。

※勉強の際に「苦しんで覚えるC言語」(http://9cguide.appspot.com/)様を参照してます

—————————————————————————————–

・テキストエディタの準備 … 必須じゃない
・Brackets をインストール。http://brackets.io/
・30秒くらいで終わる。基本的にデフォ状態でインストール進めてOK。
・スタートメニューにBracketsが追加された。
… うーんでもこれって正直「俺はエディタはこれが良いんだ!」ってゆーこだわりと
各エディタが持つ補助機能の利用是非の問題であって、必須じゃないな。
下記のIDEインストールで基本的なエディタ準備は済んじゃうし…。

—————————————————————————————–

・統合開発環境(IDE)の準備
[ 統合開発環境(IDE) ]とは・・・
 プログラミングに必要なソフトウェアをひとまとめにしたソフトウェア。
 エディタとコンパイラ(とデバッガ)を内蔵している。

→とりあえず上記サイトで用意されているものをWindows10にインストールしてみる。
 ・インストール後起動。ん?なんか動かない。。。
  2度目の起動時にエラーで完全にロック状態に。。。

→気を取り直して Visual Studio (Community 2015)をダウンロード、
 インストールしてみることに。(要8GB over)

 以下、 http://www.laser.ee.kansai-u.ac.jp/lecture/kisopro/compile.pdf を手がかりとして進める。
 (ありがとう、講義PDF……!)
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11120994096 や、
 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11120487766 なんかも参考資料に…。

・Visual Studio 2015を開いたら、「新しいプロジェクト」→「Visual C++」→「Win32」を選択。

・「Win32コンソールアプリケーション」を選択。
 プロジェクト名を入力。課題毎に異なる名前になるよう注意。とりあえず日付と連番でいく。
 「ソリューションディレクトリの作成」と「ソース管理に追加」を両方オフにする。

・「アプリケーションの設定」 → 「コンソールアプリケーション」 → 「空のプロジェクト」をオン。

・画面右側の「ソリューションエクスプローラー」→「ソースファイル」を選択・右クリック→
 「追加」→「新しい項目の追加」

・「新しい項目の追加」パネルが開くので「Visual C++」→「C++ファイル(.cpp)」を選択。
 ファイル名を指定。例えば prac2016120301.cpp など。

・簡単なコードを記述して保存しておく。(上記サイト参考)

・「ビルド」メニュー → 「ソリューションのビルド」実行。 もしくは Ctrl + Shift + B
 これによりコンパイルが始まる.ウィンドウ下部の[出力]ペインに
 ビルド: 1 正常終了、0 失敗、0 更新不要、0 スキップ
 と表示されたら,正常にコンパイルが完了!

・コンパイル完了したプログラムを実行するには,「デバッグ」メニュー→「デバッグなしで開始」。
 もしくは Ctrl + F5 !

・出力された!\(^ν^)/ キャホ-
 これでいろんなWEBサイトの記述内容を教科書にして自分でガシガシ試せるーーーーーー!

<注記として転記メモ>
・プログラムが完成し,次の課題に移る場合には,新しいプロジェクトを作成する。
 そのためには,ファイルメニューから「ソリューションを閉じる」を選択。
 画面が戻るので、プロジェクトの新規作成を行う。(※以後上記の繰返し)

・以前のプログラムを残しておくためには、プロジェクト名を以前のプロジェクトとは別の名前にする。

・いったん閉じたプログラム(全体として「ソリューション」と呼ばれている)をもう一度開く場合は、
 次の2種類の方法のいずれかを用いる。

  ・方法1
    Visual Studioの「ファイル」メニューから「ソリューションを開く」を選び、
    開きたいソリューションファイルを選ぶ。

  ・方法2
    エクスプローラでプロジェクトフォルダを選び、ソリューションファイルを
    ダブルクリックする。
      注)プロジェクトフォルダは上記手順で設定したフォルダ

  重要
    ・「ソリューションファイル」とは,
     C言語のソースファイルを含めてCプログラムのコンパイル・ビルドに必要な情報を集めた
     ファイルであり,xxxxxxx.slnという形式のファイル名になっている。
     ※ xxxxxxxとは、ソースコード作成の過程で自分が決めたプロジェクトの名前!

——————————————————————————————————————–

※必要かどうかはわからないけど、手探りの過程で以下をした。
・「Visual C++ 2015 Tools for Windows Desktop をインストール」ダブルクリック
・警告が出るのでVisualStudioを一旦閉じて処理実行。
更新プログラムの選択とインストールへ進む。
・VisualC++2015用の共通ツール と
Windows8.1 SDK と Universal CRT SDK 機能を選択(要最大4GB)、取得適用。
・「セットアップが完了しました」表示されるまでしばらく待機。
・VisualStudioを再度起動。
・「WindowsXP support for C++をインストール」はひとまず無視。

まあ・・・今はよくわからんが・・・いずれわかる日が来るだろう・・・ (遠目

——————————————————————————————————————–

UMLの復習した。

UMLの復習しました。
SEになるよって状態で、対話に用いる(かも)な道具があやふやというのは致命的と思いました。
でも、検索すればするほど10年以上前の記事しか無い。大丈夫か…。

以下、復習ノートのメモです。


2日ほどかけて一通りを解説しているサイトを読み込んだ。
ってか紙ノートに要点転記して手で覚えた。

UML超入門
http://objectclub.jp/technicaldoc/uml/umlintro

で、次にitmediaの記事で理解を補完。 補完、大事。
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0302/04/news001.html

たぶん、1冊本も読んだほうが良いのかなとも思う。


前置きは抜きにして以下UML種類。 補足は一部私の解釈入ってます。

・ユースケース図
  … システム内の機能とシステム外のアクターを切出して明記。

・アクティビティ図
  … 処理ステップを明記。
  … 責任範囲を分割し担当業務フローとともに明記。

・状態図
  … オブジェクトへのアクションと伴う状態遷移を明記。

・クラス図
  … クラスの内部構造とクラス間の関係を明記。

・パッケージ図
  … グルーピングされたクラスのまとまり(パッケージ)間の関係を明記。

・シーケンス図
  … オブジェクト間のメッセージのやりとりを時系列に明記。

・コラボレーション図
  … オブジェクト間の接続に着目、メッセージのやりとりを順序と共に明記。

・オブジェクト図
  … システムに存在するオブジェクトのスナップショットを明記。

・コンポーネント図
  … コンポーネント間の関係を明記。

・配置図
  … 実行時のシステム構成(各コンポーネントはどのノード割当か)を明記。


最初眺めたときに
クラス図の見方がよくわかんない…。

って正直感じたので、最低2種類以上解説サイトは読み込もう。
1つの視点だけで理解し切るのは難しい。
視点を多く持てば、ふんわりは掴める。


さてこのUML。
Unified Modeling Language。統一モデリング言語。…そうだった気がする。

みんなテキトーに描くんじゃなくて
一定の規則・共通見解のもとで
考え方の整理と、意思疎通のツールとして使おうね!
って一旦解釈。

別記事(itmedia)では
「オブジェクト指向をベースとするソフトウェアの構造」を
ソースコードよりも抽象化した形で構造的かつ形式的に表記する言語
って書かれてる。はい。


UMLで何が嬉しかというと…

1.プログラムの構造と動きを図で捉える
2.多人数で開発する上で、共通認識を定める
3.顧客と合意する

な場面で有用とのこと。確かに。
コミュニケーションツールが統一されてると集中できるし、欲しい情報探すにも楽。


ここまで書いたあたりでTwitterでUML検索したらQiitaで記事を見つけた。

「エクセルでUMLを頑張るのはもう辞めよう!テキストベースでUMLが書ける♪」
http://qiita.com/kkam0907/items/818ab5c24fad4f61c69e

は?

記事先で参照されてたオリジナルはこっち
http://hige-sun.net/plantuml-on-atom/

個人的にSass以来の衝撃。ゲボ出るかと思った…


 

Officeファイル .xlsx .docx .pptx 内に図表挿入されている画像データを流用したり保存したい

Officeファイル .xlsx .docx .pptx 内に図表挿入されている画像データを
流用したり保存したい時、簡単な方法があります。(旧形式のxls doc ppt にも適用できる方法あり。)

先ずは対象データをコピー複製し、それぞれの拡張子をファイル名の変更から無理矢理.zipにします。

それを展開して中を覗くと幾つかのフォルダ階層で構成されており、media というフォルダがあります。

この中に、元データ内で使用されている画像データがjpg gif等のオリジナル形式で揃ってます。

旧形式のxls doc ppt でも、一旦Officeで開いたのちに xlsx docx pptx それぞれの形式に
ファイルの種類を指定保存さえしてしまえば適用出来ます。

うまいこと利用しましょー。

softbankケータイを法人契約してる会社の社員が支給携帯電話を紛失した時の端末位置情報取得までの流れ

おっちょこちょい社員がおられる会社の担当者の皆様が平穏に業務を処理できますように。

◆softbankケータイを法人契約してる会社の社員が支給携帯電話を紛失した(落とした、無くした、盗まれた 等)時の端末位置情報取得までの流れ

 1.softbankの対応問い合わせ窓口にTELする。… 「0800-919-0157」
 2.自動音声案内に繋がる。
    →「 1. 利用停止・利用再開」
    →「 1. 紛失ケータイ捜索/安心遠隔ロック開始/回線停止」へ進む。
 3.担当者に繋がるので、事情を話すとともに、「捜索サービス」の利用を希望、と伝える。

    → 契約者確認を案内されるので、当該端末の電話番号と、
      端末契約時の暗証番号 あるいは 当該端末契約時点での法人連絡先番号 を照会される。
    → 答える

 4.紛失した当該端末が、捜索サービス利用に必要なオプションに未加入の場合、
   一時的な契約を案内される。(法人契約であれば日割り計算での加入/解除が可能) → 加入する
   ※月額500円程度

 5.しばらくして捜索サービスの結果として
   ◯時◯分時点での △△県□□市×× エリアの ◯km以内
   との情報を得ることが出来るので、このエリア内で心当たりがあれば探す。

 6.翌日以降、softbankの法人窓口へ繋いで、位置情報探索のために当該端末が加入したオプションを外す。

以上

職務経歴書のテンプレート

職務経歴書のテンプレを作ってみました。

職務経歴書_テンプレ
※Filetype : .docx

・当然、転職を考えている人向けです。

・これまでの自分の担当業務を整理する上でも、良い下敷きになります。
 書き下すと客観的に眺めることができますからね。
 所属部門で担う職務のうち、自分の担当業務の偏りが見えたり、
 逆にカバーする領域の広さや、習熟度合いを発見できたりします。

・この書式はそういった使い方で、転職時も転職後の今も、私が使っているものです。
 職務経歴書って大概様式が自由なので、
 初めての転職の時、これが用意できないで私はとても困りましたねー・・・。

<記入時の注意>
 ・この書式では、職歴は最新から遡って列記していくと良いかと思います。
 ・この書式では、職歴を書く際に企業情報を添えてまとめます。
 ・企業情報は「企業概要」「配属組織」「組織概要」「担当業務」「姿勢/成果」の5つです。
   ・企業概要 : WEBの企業概要を整理して記入してください。
   ・配属組織 : 自分が所属する部門名です。
   ・組織概要 : 部門の説明や、部門が担う業務を端的に記入します。
          (制作、経理、人事、など)
   ・担当業務 : 組織内で自分が担当する業務をピックアップし、
          その詳細を列記します。必要に応じ、補足を入れます。
   ・姿勢/成果 : 極力定量的な表現で、成果を記入します。
・スキルや自己PRは、補足情報です。
 経験業務以外にアピールできそうな情報があれば書くと良いでしょう。

 ・改変は自由です。
 ・質問や相談があればtwitter経由で相談ください。
  仕事と子守の合間になってしまいますが、極力お答えできたらと思います。

KindlePaperwhiteを購入。個人的に今読みたい本9冊。

大阪から岡山に引っ越しました!
娘が生まれるので、子育てを機に妻の郷里に戻ることに。
で、なかなかの田舎っぷり。
気楽に行けるオシャレなカフェやハイセンスな店舗とかも少ないので、その分、読書などに費やします!

そこでKindle
KindlePaperwhite購入しましたー!ついにやったー!

キャンペーン情報無しのwi-fiモデルを選択。とっても軽いです。

開封直後の待機画面を見て
「え この印刷紙どうやって剥がすの……?」
ってしばらく固まりました。剥がれねえよ。それ画面だよ。
それくらい表示画面が紙に近くて滑らか。自然。すごいね……!

今回は活字を読む用、コミックを読む用に用途限定で購入したので、モノクロで全く問題なし!
紙で読んでいるような自然さ。手におさまる手軽さ。おもちゃのような軽さ。

いいなあ。

これからお世話になります。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

とはいえ、手元には積読本が大量に鎮座している。
なので、今読みたい本(Kindle版!)をリストアップだけ。

無料本で読みたいのは文豪の代表作くらいかな。
amazonプライム会員限定Kindleオーナーライブラリーには漫画が多くて、
ちょっと肩透かし食らった感がないでもない。無料に群がるコメントが見てて辛い。
玉石混交ってのは本も、読む側もだなと感じながら有名どころを幾つかダウンロード。
探すときはPC本体で選んだ方がいいね。情報多くてスクロールも滑らかだから。

以下は有料本。
プライム用の 月1冊無料で読んでもいいよリスト からも探したけど……
「どれでも1冊」にしてほしい……

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼知的生活習慣

外山滋比古さんの本は「思考の整理学」を読んでから気になってます。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼日本人ビジネスマン、アフリカで蚊帳を売る―なぜ、日本企業の防虫蚊帳がケニアでトップシェアをとれたのか?

物を売って利益を出す上でターゲットを見定めるとは?的な話なのかな?興味津々。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼アルゴリズムが世界を支配する

業務効率化とか興味があるので気になる本。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼ストーリーの書き方・入門

ストーリーが組み立てられるってのは、端々で効いてくる重要スキルなのでチェック。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼多数決を疑う 社会的選択理論とは何か

流されがちなので目を通しておきたい。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼死ぬ前に一回やっとこう

大好きなイラストレーターさんの本。WEB連載してたのを本にしたのかな?

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼スピード解説 民法〈債権法〉改正がわかる本

民法改正に関しては個人的にちょっとでもフォローしておきたい。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼労働実務事例研究 平成27年版 9 その他労働関係法編

ナンバリングがあるから一揃いのものなのかな?業務的に気になるところ。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

▼株価チャートの教科書

よくわからないから手が出ない、のなら勉強すればいいと思うの。

_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*_*

以上9冊。読む時間とれるかなー いや作るんだけどさ。
娘生まれてから本とか読んでられるのかなー
気になって読んでられねえんじゃないかなー

【感想】ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術 を読んで

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術---数字力が一気に高まる基本スキル
を読んで約1ヶ月くらい実践した上での感想。
結構、役に立つ。ジワジワ実感。逆に今までどんだけ出来てなかったんや。

・書かれている「基本的」なテクニックは即使える。
 関数とかは本当に全然出てこない。
 Excel表のガワの整え方だけ。
 引継ぎ可能な、はやく理解できる表の作り方だけ。
 関数職人は回れ右してお帰り下さい な内容。

・WEB上のレビューでは「基本的すぎてためにならねー」
 とかも書いてあるけど、「”企業文化”から距離を置いた
 野暮ったくないExcel表のデザインフォーマット」なんか
 今まで見たことなかったし、教えを受けたこともなかった。
 中小企業なんて「Excel?嫌いなんですよねハハハ」がザラ。
 前の会社でも今の会社でも、
 「見た目にこだわるなら処理するスピード上げて、
  とっとと他業務のアウトプット量産しろよ」な空気あったし、
 見た目改善に力注ぐのって、君、暇なの?って感じだった。
 で、結局野暮ったい表を貼り付けて見る側をウンザリさせてた。
 んで既存のフォーマットといえば超複雑な作成手順だったりする。

・フォーマット=仕組み を如何に見やすく、
 メンテナブルに、2次利用可能な形式で作り込むか。
 本の9割くらいは本当にこれだけなんだけど、
 実践してみたら、管理簿や各種帳票、集計値表の
 「伝わり具合」が劇的に向上した。
 「お、見てやろうかな」って気にさせる見た目に変貌する。
 ”説明しなくても伝わるなら、それはデザイン”
 って言葉があるけど、Excel表にそれを実装するための
 勘所を、筆者の実例をもとに紹介してる感じ。

・表を作る側は、意図を共有してるから仲間内でも”読める”けど、
 そういうのって部外者に提示する時って絶対に説明がいる。
 プレゼンや客先資料で提示しても
 「キッチリ集計してるし我々の主張には根拠がありますドヤァ」
 「うわ見辛っ」
 「文字小さいんだけど」
 「別紙デカいんだけど」
 「説明聞いたらわかるんだけど、それどっかに書いとけよ」
 くらいにしか伝わらない。
 伝わらないゴミを量産するのって、結構しんどい。
 毎回消化不良で食べ残されて三角コーナーにinされる自分の料理
 を見続けると、料理が億劫になる。
 なんで格子で細切れになってる表を見なあかんねん。
 そんなモヤモヤな状況に一石を投じるための一例が載ってる本。

・何か素晴らしい関数テクニックや分析手法、自動化や条件書式の実例、
 VBAを使った管理ノウハウが得られるのかなあ!
 と思ってこの本を開くと裏切られる。
 そんなもん二の次。
 「伝わる」ために講ずることができる、即実践可能な基本例
 が載ってるだけ。

・「意味のあるデータなんだけどな•••見辛いってのはわかるから
  改善したいっちゃしたいけど、
  Excelデザインの勉強とかしてる暇ないし、
  つーかどこで勉強したらいいの」
 な人は読むといいと思う。
 ただ、既存帳票のフォーマット改変に腰が重い組織や企業だと、
 モノが無い状態で提案するとハネられるだろうから、
 「こんなのどうでしょう」で持っていくしかないと思う。
 時間のかからないポイントばかりなので、すぐ試せる。
 伝われば、「これはいいねえ」と、アッサリ採用されるものである。

「外資系投資銀行のエクセル仕事術」を読んで使えそうだと思った手順のまとめ

読みきったので、自分なりにまとめ。

▼事業分析、収益予測、戦略の検討の流れ

  ★分析対象を定める。
   企業か、事業か、個人か。

  ★売上構造、費用構造の細分化&因数分解を行う。
   測定可能なバリュードライバーまでブレイクダウンし、
   シミュレーションモデルを作成する。
    ※ この際に、要素の計算順をチャートにまとめておくと第三者が内容を追いやすい。

  ★定めた営業戦略を基に、
   最低3種(普通・楽観・悲観)の収益予想ケースを立てる。
   この際に、計測・コントロール可能なバリュードライバーを洗い出し、
   利益インパクトの大きな要因を特定しておく。
    ※ なお、継続成長を見込む場合もあるため、過去実績の整理・分析・抽出も必要。
     (新規事業であればバリュードライバーの積み上げで試算することになる?)

  ★予想ケースごとの収益シミュレーションを行い、その結果から、
   基本の経営指標や戦略に最も適合する、最適解といえる戦略を決定する。

  ★決定した戦略に含まれるバリュードライバーに対して
   感応度分析を行い、その結果から、
   将来予測/施策の細かな制約/設定する方針・目標値 などについて意思決定をする。

使いこなせるかな

wkey.meサービス終了について今朝知った

当方が書いた

「レンタルサーバー「wkey.me」へWordPressをインストールしてみた。」

という作業記録がありますが、
2014年7月中で wkey.me がサービス終了してたんですね。
今更記事読んで知りました。

友人の音楽ユニットのサイトをwordpressで作って入れてたのですが、
1ヶ月以上経った今朝知って うーん どうしよ ってなってます。
WEBから遠ざかってたから…てのは言い訳にしかならないが、対応するにも、困った。
運用は完全に任せてたので、こちらは2〜3ヶ月に一度覗く程度だったのですが、
wkey.me登録に使用したメールアドレスが運用者のものだったので対応が遅れてデータごとすっ飛んだ、
って状況。

再構築するにしてもサイトをいじる時間があんまり無い。
バックアップはあるだろうけど運用は任せてたから残されてるのはかなり古いかもしれない。

維持に月々ワンコイン程度で済むものもあるから、やっぱり有料サーバーがええですね。

今後無料サーバーは無くなっていくのかな?

デザインのボヤキ 003回 「何案作るの?」

001回   << 002回   004回 >>まだ

■何案つくるの??

さて、デザインベースの固め方はわかった。
次は、制作物数の指定有無が重要となる。

制作物数の指定がある場合 … 例えば、2案、3案作ってくれというもの。
制作物数の指定が特にない場合 … 基本的に1本決め打ちとなる。既にラフが存在していたりする場合がこのパターンだ。

これらは非常に、非常にふんわりと 「○○案くらい見てみたい」 などと要件がきたりする。

ここで、
予算があれば、数案作ることを 受けてもいい。

ないなら、
受ける義務は無い。

慈善事業ではないからだ。
また、すでにラフがある場合、「○○案つくりましょうか・・・」などという話を出す必要は無い。
レイアウト案しかりだ。見せたり話を振ったりれば、「じゃあ全部見せて!作って!」と笑顔で言ってくるだろう。

作るには時間がかかる。
戴ける金額が変わらないなら、
制作総数を増やして自らの首を絞めてはいけない。
時間をかければかけるほど、利益は減る。しわ寄せは、必ず自分にやってくる。
比喩でなく、死ぬ。
よかれと思ってやていると、あなたは、いつか必ず死ぬ。

時間は、あなたの人生だ。
お金は、生きるために必要だ。
戴けるお金が増えないのに、時間を捧げると、死にます。
あなたは忘れているかもしれないけれど、人は忙しさで確実に死にます。

指示がない限りは、
もらえる金額もないのに作業量をいたずらに増やす方向へ進んではならない。
鉄則である。

話が逸れたが、予算や納期に余裕があると、数案作ってくれ、という話が来たりする。
営業指針によっては「予算少ないけど次に繋げるためにもちょっとがんばろう」なんて組織として自発的に数案つくることを決めたりもする。
たいてい、3案か、2案だ。

ここで気をつけなくてはならないのが、
3つの案をくれ は
「大きくレイアウトと細部のデザインが異なる」3つの案をくれ
ということだ。

つまり
デザインベースを3つくれ
ということだ。

よくやってしまう勘違いは、
1つのデザインベースを決め打ちでつくり、派生案3つを出して「3案です」としてしまうパターン。
「確かにそれぞれデザインは異なってるんだが、大きく要素を括って俯瞰してみると、同じ構成とレイアウトだよね」というやつだ。

これ以上大別できない、といったところまでデザイン内の構成要素を括って俯瞰し、
それらのレイアウトが異なっていれば、それはデザインベースが異なるということだ。
微妙な差異しかなく、ほぼ同じレイアウトならば、それはデザインベースが同じということだ。

こう考えれば、以外とデザインベース3案というのを出すのも、ハードルが下がりそうだ。

「3案って言ったけど、これ、くれたの、1案だよね」
といわれる失敗がおきる理由は、こうした点で制作物を捉えているかどうかによる。

さて、派生案をつくる場合、テンプレ手法がある。自己流だが。
まず、デザインベースに沿って1案形にする。
次に2案目は、1案目と同じ要素数を保ちつつ、細部の文字詰めや書体、配色、サイズや重なり、バランスなどといったデザインの細部調整をする。
次に3案目。要素数を1つか2つ、削る。(足すのは御法度。less is moreだ。)
代わりに、残った要素のうちいずれかを、デザインベースを逸脱しない範囲で強調したり、削った要素の役割を担わせる。

最近は視線の動線や、見えない線、要素の役割に応じたカラー分離、グリッド、要素間のジャンプ率などを改めて意識している。
ポイントは、「デザイン間」「各要素間」で「すべて異なるデザインを施すこと」だ。
たとえば、A案の本文と B案の本文と C案の本文が書体・ファミリー・サイズ・カラー共に異なる といった具合だ。
ここでの狙いは、案を見せたときに「クライアントが選べる選択肢をいかに増やせるか」という点である。
この案のココがいい、この見出し部分だとさっきの案のほうがいい と言った感じだ。
もちろん、制作物の利用シーンや内容によっては、各案で共通してくるテイストが出てくることはあるが、それは仕方がない。

最後に注意点として、いくつかのデザインベースや派生案を考える際に共通することなのだが、
複数案出すときは、案数にこだわり過ぎてはいけないということだ。
無理やり数を埋めるために出したデザインベース案は、案件の要望やシーンにマッチしないデザインになることが多い。
「適切な」デザインをつくることこそが、目的である。
「この仕事に合うデザインか?」を案を思いついたときに判断しなくてはならない。
時にはその判断で案を捨てることを含めて、制作担当者の腕の見せ所になるのである。

ちなみにラフがある状態から制作した決め打ちデザインベースの制作だと、
派生案を最初からいくつもいくつも作るよりは、
1案をどんどんクライアントや社内の決定権ある人に見せていって細部を詰めていく方が時間の節約になることが多い。
時間節約のためにも、覚えておこう。

001回   << 002回   004回 >>まだ